PROFILE


専門学生時代の同級生である松井亮太、塚本伸男(歌詞制作担当)と《ワカバ》を結成。日本全国でのストリートパフォーマンス、及びライブハウスでのライブ活動により、人気・実力ともに確実に力を付けていき、2002年に日比谷野外音楽堂、2006年に渋谷O-East2009年に渋谷公会堂、2012年には赤坂BLITZでのワンマンライブを次々に成功させる。

 

ワカバ発表作品では、2010年発売「あかり」が大きな反響を呼び、“内閣府いのち支えるプロジェクト”のキャンペーンソングとして起用された。

2011年発売「明日、僕は君に会いに行く。」はテレビアニメ“世界一初恋”エンディングテーマとなり、YouTube再生回数200万回を超える。

15年の活動ののち、20163月をもって《ワカバ》の活動休止を決定。

4月より、《亀田大》としてソロ活動をスタートする。

 

ソロ活動開始4ヶ月後に『下北沢GARDEN』で行われた、亀田大初のソロワンマンライブは、500人キャパの会場が観客で埋めつくし大盛況のうちに終了。

《カメダマン》と称する謎のキャラクターも登場し、会場を沸かせた。

自身の誕生日である812日には2度目となるライブを行い、

チケットは1時間足らずでSOLD OUTとなった。

 

2016年1030「おもて」初のニアルバムの発売。

11月には、大阪、名古屋、山形、東京全国4都道府県をめぐる「かめ旅」ツアー、

年末1230日には ワンマンライブ“下北沢GARDEN”にて

「亀田大 2107新春先どり!〜カメダマン大正月〜」を行った

 

オーディエンスを包み込むようなふくよかな歌声と、ユーモアと脱力感を備えた独特の人柄が魅力。

今後も自身の歌を伝えていくため、全国に活動の幅を広げ、精力的にライブ活動を行っていく。